Blogブログ

メンタル心理カウンセラー美容師イトウのブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 心理カウンセラー美容師ブログ【12】~空間を切り取る仕事~

心理カウンセラー美容師ブログ【12】~空間を切り取る仕事~

現在私は、大田区の大岡山で
《居心地》という美容室で
お客様の参謀美容師として、働いているわけですが、
実はポートレートカメラマンの仕事もしております!
(なんとなくお気づきかと思いますが・・・。)

【レンタル彼女PREMIUM】 http://rentalkanojo.com/

【レンタル彼氏PREMIUM】 http://rentalkareshi.com/

彼女さん、彼氏さん共に、
全キャストの宣材写真を撮影しております。
キャストさんのスケジュールや
私の仕事の都合もあるのですが、
1度の撮影でいろいろ場所や衣装、ヘアメイクを変え、
その場に合った表情や
その時のテーマを表現して、撮影するようにしているのですが、

撮影枚数約1000枚。

上手くできなかったり、
話し合って、納得いかなければそれ以上。
全キャストで年間約50000枚。

キャストの皆様には、いつも感謝しております。

美容師、ヘアメイク時代(今もですが!)
自分の作品(スタイル)などの撮影は行っていたのですが、
今のように、
本格的にポートレート(人物写真)を撮り始めたのは
約3年前です。
ポートレート撮影は
ヘアメイク、美容師の仕事とは違います。
決定的に違うのは

2次元か3次元か(当たり前か)

美容師、ヘアメイクの仕事は3次元です。
カット(形)、カラー(光によって色が変わります)パーマ(形)、メイク(形)
言わば360度美しくなくてはなりません。

写真はデータでも紙でも2次元、平面です。
しかし、写真の表現は
いかに3次元に立体感を出せるかによって、
目に留まる写真かどうか決まります。
(もちろんそれだけではありません)
3年前、ポートレート撮影に関しては素人同然。
今までとは畑違いですからね。
考えることがありすぎて、頭パンクしてました。

写真の表現だけで言えば、
・太陽の位置はどこにあるか?
・それに伴う影はどこにあるか?
・背景に奥行はあるか?
・どう切り取れば奥行がでるのか?
・それに合うカメラの設定は?
・キャストを立たせる位置は正しいか?
などなどなど。

美容の仕事で、太陽の位置なんて考えたことなかったです・・・・。
もう必死でした。
いろいろ本を読み漁り、
四六時中カメラを触り、
四六時中ほかの方のポートレート作品を見まくりました。
全キャストに申し訳ない気持ちでいっぱいだったんです。
当時、撮影を担当していたカメラマンについて(アシスタント)
勉強しながら現場をまわっていたのですが、

現在は全ての撮影を任されております。

そして今は
いかにその方の魅力を引き出し、
それを表現するため、どう切り取るか?
に重きをおいて撮影しております。

写真撮影でよく口にする
《笑顔》について考えてみましょう。
集合写真などで、カメラマンさんがよく言ってましたね。
『はーい笑ってー!』
これで美しい《笑顔》が出せれば
何の苦労もいりません。
カメラを前にすると緊張してしまって、
無駄な《力》が入ってしまい、
なかなか上手に笑えません。
そりゃそうです。
笑えるわけがありません。
だって

楽しいことが無いんですもの!

笑顔は顔の表情を動かすことではありません。

楽しいという感情が先です。

もちろん、美しい立ち方、美しい座り方、
その他もろもろポージングはあります。
しかし、その前に、

撮影自体が楽しい、面白い、と思ってもらうことが先なのです。

いろんなお話をしながら、
お散歩しながら、
おやつ食べながら、
リラックスできて
初めて笑顔が撮れます。
その点は美容の仕事でも共通ですね。
今までのブログでも書いてきましたが、
リラックスできる空間でなれば、
どんなに技術が上手でも
また来たいと思わないはずです。

これからも、
参謀美容師、参謀カメラマンとして、
勉強していこう!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事