Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【4】~スキルで負けてマインドで勝つ~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【4】~スキルで負けてマインドで勝つ~

2月です。本格的に気温が低く、寒くなってきました。
冬には、
《冬将軍》がいて、《鍋奉行》がいて、
あと何がいるの?
《こたつ大名》とかいるの?
などと、くだらないことを考えております。

さて、私は約5年間サロン兼ヘアメイク事務所で働いていたのですが、
その後、一年間、SABFAというヘアメイク学校に通います。
なかなか入学するのも難しい学校で、
この学校に入学される方は大体ベテラン美容師さんたち。
2~3回受験される方も多くいらっしゃいます。
『まあ試しに受験してみっか』
と軽い気持ちで受験したのですが、
受かってしまいました。

当時私は24歳。
20人の生徒のうち、私より年下は一人だけ。
まわりは美容師のベテランだけでした。
ヘアやメイクの仕事はしていたものの、
まあまわりの生徒さんたちとは、経験も実力も雲泥の差です。

『やばい・・・。ついていけない・・・。』

当たり前です。24歳の美容師なんて
青二才ですから。
技術や経験は当然劣っていたのですが、

当時の私はとにかく《知識》が少なすぎました。

《知識》というのは美容だけの知識だけではなく、
それに関連するあらゆることの《知識》です。
・ファッション
・歴史
・色彩学
・解剖学
・デッサン
・などなど・・・。

正直にいうと悔しかったです。
青二才と自覚はしていたものの、
他の生徒に劣っていることと、自分の未熟さに。
まあ死ぬ気で勉強するわけです。
技術も知識も。
必死に貯めたお金も払っているし、時間も無駄にしたくないし、

なにより《自分に悔しい》

結果首席で卒業します。 ←自慢です。

結論から言います。

この自負がのちに大失敗を招きます。

卒業後、私はフリーでヘアメイクの仕事をしながら、
新宿のヘアとエステの併設サロンで仕事をすることになります。
サロン業務とヘアメイクの現場仕事の両立で、
いろいろバタバタしたのですが、
入社して1年後、私はサロンの店長に抜擢されます。

なんですと?店長ですと???
やったーーーー!!

絵にかいたような有頂天。

今までの経歴や仕事が認められたことが、
正直とてもうれしかったんです。
今まで、人の上に立って仕事をし、
チームをまとめてきたことなどありません。
しかし、私は《自負》があった。
誰よりも勉強し、技術も学んできた。
『私はいける!!』
『きっとスタッフも私についてきてくれる!!』
『スタッフはみんな年上だけど!!!』

え?
スタッフ全員年上?

そうです。

スタイリストだけで構成されているサロンで、
アシスタントはいません。
スタイリストが7名。全員年上。

私の地獄の始まりでした。

私はスタイリストたちに
『もっとこうしたほうがいいですよ。』
『〇〇さんはここが悪いので、直してください。』
『なぜもっとこうしないのですか?』
などと、自分の考えを押し付けてしまうわけです。
なぜなら、自慢の経歴と、1番の売り上げがあるという
《自負》があったからです。←バカ

先ほども申しあげましたが、
スタッフは私より年上の美容師さんです。
私よりも経験があり、知識も技術もあります。
当然、《プライド》もあります。
私はスタッフの話も聞かず、
スタッフを理解しようとせず、
ただ、自分の意見を押し付ける
バカな店長になっていたのです。

自分だけが正しいことなんて、絶対ないのに。(恥ずかしい・・・。)

店は日に日に険悪なムードになっていき、
たびたび言い争いにもなりました。

『なんで誰もわかってくれないんだ!!』
↑(まだ自分の愚かさに気づいてない。)

想像がつくかとは思いますが、
人間関係が悪くなると、なかなか修復できません。
店の雰囲気も悪くなり、売り上げも下がります。

私が一番《行きたくない店》を
私が作ってしまっていたのです。

身勝手なジレンマの中、半年後、私は倒れます。
身も心も疲れてしまい、入院までとはいかず、
自宅で1週間ほど療養しました。
職場から離れ、人間関係から隔離し、
ようやく気が付き始めます。

『あ、俺バカだ・・・。』←遅い。

職場に戻った時、私は
《働き方》を変えます。
スタッフ全員のアシスタントの仕事をしました。
店長の肩書と、自分のお客様を担当しながら。

コミュニケーションをとりながら、
自分の考えや思いを
行動で示し、
少しづつ関係も修復し、
店の雰囲気も改善されていきました。

店長の仕事とは、スタッフ全員をサポートすること。
そう心に決めて、約7年役職を務めさせていただきました。
肩書を持っても、頭と腰は低くありたいものです。

大岡山 美容室 居心地 参謀美容師イトウ ヘア メイク エステ 脱毛 ポートレート

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事