Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 未来を変える、高性能マシン使用の育毛ヘッドスパ!

未来を変える、高性能マシン使用の育毛ヘッドスパ!

なにはともあれ、始めることが大事です。

 

 

ストレスは【肌にも】【髪にも】【頭皮にも】現れます。

私たちはストレスと共に生き、

しかも上手く付き合っていかなければいけません。

特に髪・頭皮に顕著に現れるのが、男女ともに

・抜け毛
・薄毛
・髪のハリ、コシが無くなる
・白髪

頭皮の悩み、脱毛症の原因は、

病気に病気によるものや加齢によるもの、妊娠出産などの

女性ホルモンに関するものなど様々です。

大岡山の美容室で抜け毛予防!

 

大岡山の美容室《居心地》でできる事とはなにか?

近年【AGA】(男性型脱毛症)という言葉をよく耳にすると思います。

抜け毛、薄毛の原因の可能性がある男性ホルモンの働きを抑える

【プロペシア】というフェナステリドを主成分とした、

飲むタイプのAGA育毛剤です。
※女性は服用できません。
※皮膚吸収するため、妊娠中の方は触れてはいけません。

処方してもらう薬ですので、医療機関での受診が必要です。

そして、美容クリニックなどでは、

毛根に育毛剤(成長因子や発毛促進)を注射する方法が

注目されています。こちらはプロペシアなど服用できない女性も

施術が可能です。※医療機関のカウンセリングによります。

共に医療機関での処方、施術になるため、美容室では施術は不可能です。

 

医療学的本格頭皮ケアをヘアサロンで
育毛効果の考え方は

【効果が少ない】
↓  ・『洗う』 育毛を謳ったシャンプーなどで洗髪
↓  ・『塗る』 育毛剤を塗る
↓  ・『飲む』 毛生え薬を飲む
↓  ・『射つ』 毛根に注射する
【効果が高い】

効果の大小、個人差はありますが、上記が頭皮改善に有効です。

当店では【射つ】と同等の効果を【期待】できる

スカルプヘッドスパをご用意いたしました。
【ミュリアムクリスタル】

医療部外品ならではの効果と地肌への優しさを追求。
クレンジングからスカルプ美容液までトータルに使用し、
薬用育毛サイエンスで厳選成分をダイレクトに届け、
太く、強く、美しいハリ・コシ髪を育てます。

・安心の8FREE
薬用炭酸クレンジング、シャンプー、トリートメントは
頭皮と髪への負担をできるだけ少なくいたしました。

『シリコーンフリー』『アルコールフリー』『パラベンフリー』
『フェノキシエタノールフリー』『石油系界面活性剤フリー』
『鉱物油フリー』『人工香料フリー』『人工着色料フリー』

※医療部外品 人体に対する作用が緩和で、器具や機械でないもの。
効果・効能が認められた成分が配合されているが予防に重点を置かれたもの。

【ドクタースカルプⅡ】

薄毛や抜け毛、頭皮の悩みを改善するために開発された
副作用のない完全プロ仕様の《スカルプマシン》

・医療器具やエステ業界で採用されている
『針を使わずに肌深部へ高分子成分を届ける』
『ポレーションシステム』と『痛みのない電気パルス』で
地肌深層部へ美容成分を届けることが可能になりました。

至福の時間とともに

当店では、上記を使用し、しっかりとマッサージを行います。
完全フルフラットのシャンプー台で、

ゆっくりとヘッドスパを行い、

頭皮の血行を改善していきます。

完全貸切サロンの為、だれの目も気にすることなく、

リラックスしてお休みいただけます。

健やかな頭皮と、美しい髪を育てる時間。

回を重ねるごとに確信を強め、期待を高めます。

☆脱毛予防・育毛スパ
¥8500

ライフスタイルを整える
食生活・睡眠不足・喫煙・アルコールの過剰摂取などは、

生活習慣の中で薄毛、抜け毛に繋がる要素とされています。

ライフスタイルから頭皮を改善させることは、身体にも良いことです。

生活環境を整えることも、頭皮ケアには大切です。

当店では頭皮の環境を整え、髪が育つ生活環境のベースづくりを

推奨しております。

安心安全の医療機関提携サロンです。

当店は美容クリニックと提携しております。
センススキンクリニック 美容皮膚科
https://www.sense-sc.jp/

万が一の施術後の肌トラブルにも対応いたしております。

※価格は税抜き価格です。
※平日は10%割引、ご新規様は10%割引。
※使用効果には個人差があります。
※健康状態や皮膚状態により、施術ができない場合がございます。
※絶対に髪の毛が生えるということを、お約束するものではございません。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。