Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【71】~利用されるか、尊敬されるか~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【71】~利用されるか、尊敬されるか~

【合わせてばかりの人生】
心理学を少しでもかじると、
『マズロー』という方の名前を必ず目にすることになります。
人間の『自己実現』というものを提唱した方です。
このマズローさんは
『人からの賞賛と自己信頼は対立する』と述べています。

どいうこと?

つまり、
人からの賞賛や承認を得ようと努力すればするほど、
自分を信頼できなくなる。
ということです。

お母さんやお父さんに認めてもらいたから。
先生に褒めてもらいたいから。
より多くの人に自分はすごいと言われたいから。
『誰かに認められるために』が
思考や行動の根底にあると
あらゆることを自分で決められなくなるため、
いよいよ選択できなくなる人間になっていくということです。

【利用されるか、尊重されるか】
多くの心理学者さんたちは
他人に迎合ばかりしていれば、
結果自分を頼りなく感じると述べています。

じゃどうすればいいのよ??

それは『気づくこと』
・他人の目を気にしていることに気づくこと。
・いつもいい格好していないと不安な自分に気づくこと。
・意見や考えを出すのが怖い自分に気づくこと。
とにかく、自分を知ることが第一歩です。
そして、
自分に自信がないと感じている人は
《人からの承認》を選ぶのではなく、
《自分の本性》を選ぶことが重要です。

自分を頼りなく感じている方は、
人からの承認を多く求める傾向にありますが、
実は決して得られないことに気づいていません。
自分を頼りなく感じている方を賞賛する人は、
あなたを利用しようとしているかもしれません。
いわゆる《お世辞》です。
・おだてていい気分にさせ、お金を使わせようとする。
・損な役割を担わせようとする。
それらのことを《賞賛や承認》と
勘違いしているにすぎません。

しかし!!!

《他人からの承認より、自分の確信で選ぶ》とすれば、
人から尊敬されるようになります。
ずるい相手の賞賛を得ようとして、
自分の本性を犠牲にしないでください。
自分の本性を犠牲にすれば、
相手から尊重される、大事にされることは少なくなります。

【過去、今、そしてこれから】
コロナ禍の世の中で、これからもきっと
多くの会社が倒産するでしょう。
「倒産するときは誰も助けてくれない」とよく耳にします。
それはきっと《心の倒産》も一緒です。
他人のことを気にして生きていても
後になって虚しさを感じるだけです。

本当は野球をしたかったのに、
お母さんの好きなピアノをやらされ、
ピアノを好きな「ふり」をしていた。

誰かのために「ふり」をして生きていれば、
憎しみやいら立ちが募るのは当然のことです。
しかし、自分に枷(かせ)があったのは過去のことです。
はもう、自分の本性に逆らって生きる必要が無いはずです。
何でも傍若無人になって生きろということではありません。
人の評価で生きるのではなく、
自分の確信で選択して生きていくということです。
「それで5年後10年後、今の不満やモヤモヤは消えるのか?」
と言われれば、消えないかもしれません。
ですから、未来に向けて今日から準備をするんです。
1㎜でも進むように、その意識で生きていけばよいわけです。

最近は《秋》のポートレート撮影を頻繁に行っています。
葉が枯れ、イチョウが黄色くなる季節です。
今は桜の花を期待しても意味がありません。
桜の花も今は準備中です。
春になれば、咲くときが来るわけですか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事