Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【64】~男性が化粧をする理由~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【64】~男性が化粧をする理由~

【動機付けと自信を与える】
最近では、TVなどに出ている芸能人だけではなく、
SNSや動画投稿サイトの普及により、
一般の男性が化粧が浸透してきています。
大手企業も整髪料やシェービング以外にも
男性用のファンデーションやアイブロー(眉)ペンシルなど
男性用のメイク用品が数多く発売されています。
男性ファッション誌だけではなく、
ビジネス誌などにも男性の眉のお手入れ方法などが特集され、
男性の化粧に対しての抵抗が
無くなりつつあります。

普通、美容師のブログであれば、
「このペンシルで眉を整えれば、イケメンに!」
なんてブログを書くところですが、
居心地の伊藤は違いますね(‘Д’)

男性が化粧をする心理や目的は何なのか?
こちらを考えていこうと思います。

ひとつは《役割演技》をするためです。
人は会社や家族、趣味などのコミュニティなど、
場所や相手、目的に合わせて、
《なりたい自分》や《こうあるべき自分》を
多かれ少なかれ使い分けています。
見た目のよい印象は、
自分を高い評価に導くための手段なんです。

このように相手が抱く印象を考えて、
自分を演出、示すことを
《自己呈示》と言います。
要はイメージをコントロールするということです。
そして自己呈示に必要なことが
動機付けと自信なんだそうです。
その有効なアイテムが化粧なのです。

眉の形や太さを整えるだけで、
キリっとしたできる男を演出したり、
角をつけず、アーチ型にして
優しい印象を与えたりもできるのです。
また化粧をすることで、
自分に自信を与え、外向的になる手段としても
有効だと言えます。
俳優さんは化粧をすることで、
外見から役と同化していくと言われています。
同様に面接やプレゼンで
人前に立たなければいけない時も、
化粧をすることで自分に自信が出てきて
堂々と振るまえるという方もいるかもしれません。

【もう当たり前の時代】
普段の生活を考えれば
意外と行っているはずです。
女性のようにファンデーションをして
シャドウを塗るなどではなく、

《会社や人前に出るとき》
・ひげをきれいに剃る
・髪を整える
などをして最低限の身だしなみをするはずです。
《大事な場面》では
・服装はいつものと違うものを用意
・洗顔パーパーやリップクリーム
などにも気を配るはずです。
これらも《自己呈示》になり、
自己演出のために化粧を用いていると言えます。

クジャクに代表されるように
メスの気を引くために
オスが目立つ美しい羽根を持つなど、
動物はオスのほうが美しいケースも多いようです。
男性の中には高価な車や時計を身につけて、
女性の注目を集めようとする方もいらっしゃいますが、
男性は経済力や社会的地位だけではなく、
見た目も重要視される時代になりつつあると言えます。

ちなみに居心地の眉カットは
税込み1100円です。
シミやくすみをカバーする部分メイクもございます。
気兼ねなくご相談ください。
(結局宣伝すんのかい!)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事