Blogブログ

メンタル心理カウンセラー美容師イトウのブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 心理カウンセラー美容師ブログ【53】~「性格」は驚くほど変わる~

心理カウンセラー美容師ブログ【53】~「性格」は驚くほど変わる~

【10年前の自分と10年後の自分】
突然ですが、10年前の自分を思い出してみてください。
仕事や住まい、容姿といった外面的なことではなく、
性格や気性、価値観など、
10年前はどうだったか考えてみてください。

この質問を受けた場合、たいていの人は
10年前と比べて性格や価値観、好みが
少し変化していることに気が付くはずです。
環境の変化や社会の変化、
人間関係や、出会う音楽、本、情報もろもろによって、
ある程度の変化するわけです。

さて、では次の質問ですが、
これからの10年で自身はどのくらい変わると思いますか?
こう尋ねられると、たいていの方は
「そんなに内面は変わらないかな…。」と答えるはずです。

街並みや情報化社会の中での価値観の変化と比べ、
ほとんどの方は、
自分の性格(内面)がこれから変わるとは思っていない、
あるいは変わるとしてもごくわずかだと思っているということです。

本当にそうでしょうか?

【私たちの好みは驚くほど変わりやすい】
《性格》や《価値観》といった概念はとても曖昧で、
分かりづらいので、《好み》について考えてみます。
ここでまた質問です。

a) 10年前好きだったバンドのコンサートチケットを
今、買うとしたらいくら払いますか?

b) 今好きなバンドのコンサートチケットを
10年後に買うとしたら、いくら払いますか?

こちらの質問はハーバード大学の心理学者
ダニエル・ギルバード氏の《好みの変化》の実験で
用いられた質問事項ですが、
現在好きなバンドを10年後に見るために支払う金額は、
10年前に好きだったバンドを今見るために支払う金額より、
平均して61%も高かったという結果が出ています。

【歴史の終わり幻想】
このように、当時は変わらないと思っていた
好みや価値観、性格さえも
我々は変わり続けるんですね。
この現在の好み、価値観、性格が最も優れていていると確信していて、
今後さらに変わっていくという可能性を認めない、
もしくは変化することを過小評価することを
《歴史の終わり幻想》と呼びます。
例えば、
・10代の時、海外のアーティストに憧れてタトゥーを入れたが、
数年後、後悔して除去した。
・もうこの人しかいない!と思い、好きで好きでたまらなくて、
結婚したのに、気持ちが冷めて3年後離婚した。
あれだけ固く決意し、決断したはずなのに、
なぜか自分は変わってしまった。

いえ、人間は望まなくとも変わり続けるんです。

【変えられるモノと変えられないモノ】
自分の《性格》の変化をコントロールするのは、
はっきり言って難しいことです。
なぜなら、性格の大部分はもう遺伝子に組み込まれているからです。
しかし、《意識》によって自分の性格に変化を
及ぼすことは可能とされています。
・怒りっぽい性格の人は、物事に対して瞬時に反応するのではなく、
一呼吸するように《意識》する。
・飽きっぽい性格の人は、目的を忘れないように《意識》する。など。
そうすることで、良い方向に変化していける
可能性があるわけです。

しかしここで、
残念なニュースが一つあります。
それは
自分以外の人間の性格は決して変えられないということです。
それが夫であろうと、妻であろうと、自分の子供であろうと、
大好きな恋人であろうと、部下であろうと。
どんなに強制しても、理論的に説明しても、
本人が望まなければ、性格は決して変わることはありません。

そこに時間とお金をかけても意味がありません。
それこそストレスになってしまいます。

自分以外の人間は変えられない。
変えられるのは自分の《意識》だけです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事