Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【49】~恋愛が長続きしない女と男~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【49】~恋愛が長続きしない女と男~

大岡山 美容室 個室 マンツーマン

【別れの原因はなんだ??】
世の中にはいろいろな恋愛があります。
1人の相手と長くお付き合いをし、
結婚までたどり着く方々がいる一方で、
途切れることなく恋人はできるのに、
関係が長続きせず、
「次の相手こそは!!」と思っていても
別れてしまう方々も…。
このように、
《恋愛が長続きしない》というのは
どのような心理要因があるのでしょうか??

どのくらいの期間が長くて、
どのくらいの期間が短いのかは、はっきりとは言えません。
仮に《結婚》をゴールとして考えた時、
お付き合いをして、1週間で結婚される方もいれば、
10年付き合って、お別れしてしまう方もいらっしゃいます。

よく耳にするのは、
付き合って3ヵ月くらいすると
お相手の本質が見えてきて、
「こんな人だったんだ…。」と
まるで期待を裏切られたかのように失望し、
別れてしまう場合や、
関係が“マンネリ化”してしまって、
一緒に居て楽しくなくなってしまう場合も。

“マンネリ”に関しては
脳内物質のドーパミンやアドレナリンの分泌が減ることで、
相手にドキドキしなくなったり、ときめかなくなったりします。
《こうすればマンネリを解消できる!》みたいな記事は
検索すれば、いくらでも出てきますよね。
例えば、
・一緒に旅行する
・好きや愛していると言葉で伝える
・会う頻度を減らす
などなど。
マンネリ解消法は個人差はあれど、
常に環境をリフレッシュすることで、
マンネリを防いでいけます。

それとは別で、
恋愛が終わる原因が
いつも同じパターンだったとしたら…。

【悪いのは相手?それとも自分?】
ある出来事が起こり、その原因を推測する心の動きを
《帰属》と言います。
帰属の考え方は2種類あって、
《外的帰属》《内的帰属》です。
内的帰属は、その原因を自分の性格や態度、能力に
原因があったのではないか?と考えるタイプで、
外的帰属は、相手の行動や環境、状況に
原因を求めるタイプです。

『恋人との別れ』を考える際、
外的帰属の考えをお持ちの方は、
・相手がいい人ではなかった
・相手の仕事のせいだ
など、自分以外に原因があると考え、
内的帰属の考えをお持ちの方は、
・自分が相手に対して、寛容になれなかった
・自分の我慢が足りなかった
など、自分に原因があると考えるということです。

その出来事の原因を《外》に求めすぎるタイプは、
自分の非を認めず、改善もあまりみられないので、
同じパターンの別れを繰り返してしまう場合が多いようです。

【周り(人)のせいにするのは、プライドを守るため】
恋愛関係でも、社会生活の中でも、
人間関係は持ちつ持たれつです。
「100%相手が悪い!」
「100%自分が悪い…。」
冷静に考えれば、
そんなことに出くわすことはあまりありません。
しかし我々は
良いことは自分のせい、悪いことは周り(相手)のせい
考えてしまいがちです。

これは《セルフ・サービングバイアス》と呼ばれており、
自尊心を守るために無意識に行っている
脳の働きなんだそうです。

しかし、外的帰属の考え方があまりにも多いと
自己の成長が見られませんし、
内的帰属の考え方が多すぎれば、
自分を卑下し、劣等感が増してしまう可能性もあります。

恋愛関係でも、社会生活の中でも、
人間関係は持ちつ持たれつ。
自分と相手との《バランス》が大切ですね。
大岡山 美容室 個室 マンツーマン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事