Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【40】~居心地ができた理由~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【40】~居心地ができた理由~

大岡山 美容室 個室 マンツーマン

私は美容室が苦手です。

そう言うと、「美容師なのに、変なこと言ってる」と思われてしまうのですが、
お客様と初対面なのに馴れ馴れしい会話をすることや、
プライベートの話を店中に聞こえるような声で話すこと、
どちらがお客様なのか分からないような偉そうな態度を取る店員がいるのが美容室なら、
私は美容室が苦手だと断言できます。

一昔前になりますが、『カリスマ美容師』という言葉が流行したことがあります。
それまで美容師という職業は、お客様を綺麗にする役割をいただいた裏方の仕事でしたが、
このブームによって、美容師という職業が主役になり得ることも多くなってきました。
新宿は歌舞伎町で美容室の店長を7年ほど務めてきたこともあり、
繁華街という土地柄のせいもあったのかもしれませんが、
お客様と美容師のフレンドリーすぎるほどフレンドリーな距離感に、
ずっと疑問を持ち続けていました。

私は美容室でお客様と接する美容師と同時に、
ショーやステージに出演するタレントや歌手のヘアメイクを行っております。
ヘアメイクという仕事は、タレントや歌手など、
そのステージの主役となる出演者の魅力を際立たせるための存在で、
私たちにライトが当たることはもちろんありません。
むしろ、ステージの世界観を壊さないためにも、
存在感を消さなければいけない立場になります。
ヘアメイクをやっていたこともあり、
自分は裏方だという自覚が強かったこともあって
あたかも美容師が主役といった昨今の風潮に馴染めずにおりました。

そんな時にヘアメイク&カメラマンとして携わったのが、
『レンタル彼氏PREMIUM』『レンタル彼女PREMIUM』という、
レンタル彼氏・レンタル彼女サービスです。
ありがたくも私の腕を買っていただいて、
こちらに所属するキャストのヘアメイクと宣材撮影を担当することになり、
それが決まると務めていた美容室を退社いたしました。
レンタル彼氏やレンタル彼女というのは、
自分に自信のある人がなるものだと思っていたのですが、
実際にキャスト達に接してみると、私の固定観念は覆されました。
特にこちらの『レンタル彼女PREMIUM』に所属する女性キャストの中には、
少し前までひきこもりだったり、
自己主張が苦手で思ったことを言えないといった
悩みを抱えているキャストが少なくありませんでした。
そんな自分を変えようと、レンタル彼女を志望し、
レンタル彼女をやりながらノウハウを積み上げ、
お客様から人気を得るようになったキャストがほとんどだったのです。
しかし、人に与える印象は変われど、
苦手意識はなかなか変えられるものではありません。
多くのお客様に支持されるキャストが、
美容室が苦手だというのです。
そして、なにもそれは特別なことではなく、
さらに突っ込んで話を聞いてみると、
『美容室に行くと緊張してしまう』
『どうオーダーしたらいいか分からない』
『プライベートを聞かれるのが嫌』
『オシャレをしていかないとバカにされそう』
『会話に付き合わなければいけないのが疲れる』
などという声が挙がってきました。

聞けば聞くほど納得できる理由ではありますが、
現役で店に立つ美容師が、
そういった繊細なお客様の気持ちに
寄り添えるとは思えません。
私もその時はヘアメイクとカメラの仕事が主になっており、
美容室から心の距離が離れていたこともあって、
彼らが美容室が苦手だという理由を
すんなり受け入れることができて、
心から共感ができました。
そして同時に、美容室が苦手だという人の気持ちを理解できる人は
どれだけいるのだろうかと案じるようになりました。
私も美容室が苦手だったせいもあって、
本当に居心地のいい美容室とは
どんなところなのだろうかと考えるようになりました。

何が心地よく感じるのかというのは、
人によって違いがあるかと思います。
しかし、その多様性の中でも、
どちらかというと内向的な方が本当に安心して通える美容室があったら、
世の中の役に立てるのではないかと考えるようになったのです。
今回、ご縁をいただいて、美容室をオープンすることになったのですが、
青山や代官山といったオシャレな土地はあえて外し、
大岡山という生活に根付いた土地の裏路地にひっそり咲かせていただくことにしました。
お客様も美容師も一人だけという小さな店ですので、
気取る必要はありません。
お客様が話したくないことを
根掘り葉掘り聞くこともありません。
話をするのが苦手であれば、施術中はずっと黙っていても構いません。
あなたのリラックスできるスタイルで、
『いごこち』にお越しください。
大岡山 美容室 個室 マンツーマン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事