Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【33】~憧れから《ひがみ》へ~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【33】~憧れから《ひがみ》へ~

大岡山 美容室 個室 マンツーマン

【特別な才能などなくていい】
縄鋸(じょうきょ)も木断ち、
水滴も石穿つ(うが)。
道を学ぶ者は、
須らしく(すべか)力索(りきさく)を
加うべし。

中国の古典《菜根譚》(さいこんたん)の
一説です。

ざっくり、ざーくり言うと、
やり続ければ、スゲーことになるよってことです。

TVや雑誌、最近ではSNSが普及したため、
写真や動画で
とても可愛く、かっこよく、きらきらしていて、
とても満たされている人生が
嫌でも目に入ってきます。

やはり憧れてしまうんですよね。
外見が良くて、その分野の才能があって
きらきらと満たされているかのように
見える生き方を。

長年美容師をしていると気付くのですが、
人は別に
綺麗なモデルさんや
イケメン俳優さんの顔やスタイルに
なりたいわけではなく、
根底では
満たされた、輝いた日々が欲しいわけです。
綺麗なモデルさんや
イケメン俳優さんの顔に似せて整形手術するのも
そう見えるからする、という方も中にはいらっしゃるのでしょう。
(コンプレックスとかは今は除いて)

そして憧れてをもち、努力や勉強をするわけですが、
大抵ここから
負のスパイラルに入るわけですね。
・可愛く(かっこよく)撮った自撮りなのに、いいねが少ない。
・素敵な服を買ったのに、ホメてもらえない。
・整形したのに、痩せたのに…。
全然満たされない!結果がでない!
追い打ちをかけるように
SNSでは毎日きらきらと輝いた人たちの
写真や動画を見せられる。

そして憧れから
僻み(ひがみ)になっていくわけです。
(SNSの普及に伴う弊害)

【継続は熱中】
心が荒んでいき、
きらきらと満たされた、
イメージした日々からは
どんどん遠ざかっていくわけですね。

さて、菜根譚(さいこんたん)の一説ですが、
縄でも長い間やり続ければ、のこぎりのように
木を切ることもできるし、
雨だれも、長い間同じ場所に落ち続ければ、
石に穴をあけることができる。
だから道を学ぶ者は
努めて粘り強く求める心がけを
持つべきである。
と説いています。

いわゆる
継続は力なりってやつですね。

心理学者のアルフレッド・アドラーは
「努力することなしに手に入れた成功は
滅びやすい」
と説いています。

菜根譚でもアドラーでも説いていることは
努力の種類が大切ということかなと。

すぐに結果が出る努力だけではなく、
地味ですぐに結果が見えない努力を
コツコツ続けることかなと思います。

そして絶えず考え、工夫し、
改善しながら行うことが重要なのかと。

そして、
「ひとかどの人間になりたければ、
物事に熱中できる人間になること。」
ジョナサンオグデンアーマー
(米国の食肉加工業者)
が示すように、
物事に熱中してしまえば、
努力も努力と思わなくなりますよね。

これも立派な才能です。
大岡山 美容室 個室 マンツーマン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事