Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【29】~美容室の時間が長いよ~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【29】~美容室の時間が長いよ~

【時の流れ】
熱いストーブの上に一分間手をのせてみてください。
まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。
ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、
一分間ぐらいにしか感じられません。

相対性理論を発表し、20世紀を代表する物理学者
アルベルト・アインシュタインが残した、
相対性についての言葉です。

白髪頭でボサボサのヘアスタイルで、
舌を出した写真や、
よく分からなくても
「相対性理論」という言葉は
一度は目や耳にしたことがあるのではないでしょうか?

今回はめんどくさいブログ?

私は相対性理論なんて、
チンプンカンプンなので、
理論については書けませんが、
今回は「時間」について書こうかと。

皆さんも美容室での待ち時間に
イライラしたことはあるのではないでしょうか?

・放置時間が長いときがあった。
・シャンプーが終わったあと、30分待たされたことがある。
・終了時間の希望を伝えておいても30分以上オーバーする。
・予約しているのに1時間近く待たされる。

予想外のことが起きてしまうこともありますが、
説明がないまま放置されるのは
大変不快な思いをしてしまいますよね。

例えば技術上の問題が起こった場合、
(カラーの入りが悪い、パーマのかかり具合など)
多少のお時間をいただいてしまう事はあります。
その際は、きちんと説明すべきです。

そして、
何かシステム上のトラブルや(ネット予約など)
人的問題(美容師さんの体調不良など)については
きちんと説明し、謝罪し、
アフターフォローをすべきだと思います。

【心地よい時間を流す】
話は変わりますが、
かれこれ8年くらい担当している男性のお客様で、
初めての来店の際、
「美容室に来たら、1秒でも早く帰りたいんです。」
とおっしゃったお客様がおりました。
私もそのころはあまり接客に関しての知識が浅く、
「??????」という感じでした。

どうやらそのお客様は、

美容室で髪を切ってもらう以外に
何をしててよいのか分からない。
そしてとても居づらくなり、疲れてしまう。
とのことでした。

髪を整え、料金をいただきましたが、
「私は本当に仕事をしたのか?」
自問自答し、反省したことを
未だに覚えています。

カットの施術時間は平均して
1時間~1時間30分程度です。
しかし、そのお客様にしてみれば、
美容室にいる時間は
10年にも20年にも感じてしまい、
苦痛の時間となってしまっていたのでしょう。

どうすれば美容室の時間を
短く感じてもらえるのか?
お客様は
別に美容室で、雑誌を読みたいわけではない。
別に美容室で、おいしいドリンクを飲みたいわけでもない。

私なりに勉強し、出した結論は
「お客様の時間にすればよい」でした。

お客様が日々考えてること、思っていることを吐き出してもよい。
疲れているときは寝ていてもよい。
仕事をしたいときは、仕事をしてもよい。
・・・・・・。

美容室でお客様自身の時間が流れたら、
1時間も1分に感じてもらえるのではないか?

そんな思いと考えで
大岡山の美容室【居心地】は成り立っています。

私がかわいい女の子になるという案もあったか…。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事