Blogブログ

メンタル心理カウンセラー美容師イトウのブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 心理カウンセラー美容師ブログ【27】~美容師とのくだらない会話~

心理カウンセラー美容師ブログ【27】~美容師とのくだらない会話~

【言えないクレーム】
ネットで《こんな美容室は嫌だ!》を検索すると、
いろいろなご意見がいっぱいありますね!
そのお店の技術不足だったり、店自体が不衛生では
話にならないのですが、
その中でも、多い意見は
美容師の【接客】に関してでした。

・なれなれしい接客が嫌。
・話しかけられることが嫌なので行きたくない。
・自分のことばかりを話す美容師や質問責めに疲れる。
・プライベートなことを聞かれるのが嫌いだ。

ごもっともです!
私も市場調査を兼ね、同業者ということを隠して
いろいろなヘアサロンに行くことがあるのですが、
私も美容室での接客(会話)が嫌です!

ヘアスタイルを決める際や、
親身になって一生懸命に接客をしようとすることは
同業者としてある程度理解できるのですが、
お決まりの
・今日はお休みなんですか~?
・お仕事何してるんですか~?

正直、ほっといてくれます?ってなります。

お客様の事をより知ることで、
適切なヘアスタイル、ヘアケア、お肌のケアを
提案することが主な目的だとは思うのですが、(同業としてそう願う)
なぜか見透かしてしまうのです。

本当に興味あります?って。

今までに、美容室での接客でそう思われた方は
多いのではないでしょうか?
例えば、初めていく美容室で、初めて会う美容師に
話したくもないような事、個人的なことを
根ほり葉ほり聞かれることは
あまり気持ちのいいものではありません。

【主役は誰なのか?】
数年前、カリスマ美容師ブームがありましたね。
その時からなぜか美容師の社会的地位みたいなものが
向上してしまい、たいした勉強もせず
そこにあぐらをかくサロンや美容師が増えてしまいました。
そのせいなのか
お客様が主役ではなく、サロンが主役となってしまったのです。

そして、非常に残念なことに
こういった美容師との会話で、
「会話しないと悪いかな…?」
と気を使われてしまい、続けたくもない会話で
【美容室はいつも疲れてしまう】
というお客様もいらっしゃいます。

美容師側の薄っぺらい考え方、高圧的な態度が透けて見え、
美容室都合の会話が続くことで、
不快な思いをされるお客様が多くいらっしゃるのでしょう。

・今日はお休みなんですか~?(お客様には言う義理が無い)
・お仕事何してるんですか~?(お客様は言う必要が無い)

美容室での【技術】は美容師が主導で行い、
美容室での【会話と過ごし方】はお客様が主導でいいのです。

もちろん、居心地でもコミュニケーションで
会話はさせていただきます。
伝える必要があることはお話しします。
美容はお客様との共同作業でもありますので。
その他のお時間は、本を読んでも、動画を見ても、
仕事してても、OKです。
そして、お客様が話したいことがありましたら、
ぜひとも私に、お話しください。
ちょっとした愚痴でも吐き出せば、
気持ちが整理できて、スッキリできるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事