Blogブログ

《こんにゃくイトウ》の居心地ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【24】~だから嫌い~

《こんにゃく伊藤》の居心地ブログ【24】~だから嫌い~

【勉強がつまらなくなる理由】
娘が小学生になり、学校生活が始まりました。
現在、コロナウイルスの影響で
学校は臨時休校中なのですが、
学校から宿題プリントやら、生活習慣を記入するやつやらが、
メールで送られてきています。

本来なら、学校で友達とも遊びながら、
楽しく【勉強】している時期なのですが、

私『今日の宿題ドリル、一緒にやろうよ♪』
『勉強つまんないから、やだ!!』

誰に似たんだ??
あ、私か…。

私も学校の勉強が嫌いでしたね。
国語も算数も社会も理科も。
というか全部。
特に漢字テストが。地獄でしかなかったです。

小学生の時なんて、
遊ぶことしか考えてなかったですね。
無駄に走って、ただおなかが空いて、
眠たくなって寝る。

野良犬じゃん。

さてさて、
なぜ娘は勉強がつまらないと感じてしまうのでしょうか?

あんたの娘だからだよ。
いや、返す言葉が無いじゃん。

【学びには意味が必要】
私も学校の勉強が嫌いでしたが、
高校生の時に、テスト(5教科)で
学年トップの成績を取った時があります。
(偏差値が激低い高校でしたけど…)

なぜ勉強が嫌いだった私が、勉強したのか?
結論から言うと、

【自分のためと分かったから】

自分には勉強が必要だ。と気が付いたからです。
私は中学生の時から美容師そしてヘアメイクの
仕事に就こうと決めていました。
田舎育ちのハナタレ君が、
東京で仕事をし、海外のコレクションのような輝かしい世界を
夢見ていたわけです。

当然、美容師免許も取れない年齢ですし、
学生なので、仕事を覚えるためどこかのサロンで
雇ってもらえるわけもありません。

時間を無駄にはしたくない!
今(学生時)できる事はなんじゃ?

私が出した答えは、月並みですが
一般常識を学ぶこと(教科書に載ってるようなこと)と、
将来、美容の知識を頭に入れれるように、
脳みそのトレーニングでもしておくか!でした。

要は目的があったというわけです。

そして
娘が勉強をつまらないと感じている理由は
勉強の目的が分からないことと、
もう一つ。
強制的に《やれ》と言われているような感覚だからなのでしょうね。

私はよく自己啓発本を読みますが、
その中で
MUST(マスト)とWANT(ウォント)という項目があります。

MUSTは自分の意志にかかわらず、しなければならないこと。
WANTは自分が興味を持って、自分の意志でやること。

小学生の時なんて、
やらされてる感しかなかったなー

【自分の時間が始まる】
あくまで私の考えですが、(皆さんもそうかな?)
「しなければならないこと」は本当につまらない!
「しなければならないこと」に、
人生の大切な時間を使いたくないです。

当然、私生活や仕事では、しなければならないことは多くあると思います。
言ってしまえば、炊事や洗濯や掃除、仕事の雑務など。
必ずMUSTに取られる時間はあります。
しかし、それを

義務感に支配されて行うのか?
自主的に行うのか?では

人生の楽しさに違いが出ると思いません?

どんなに小さな事でも、
《面白い》エッセンスを見つけてMUSTを行えば、
その時間も手際よく楽しく過ごせますし、
次に自分の【やりたいこと】を見つけることも、行うことも
できると思います。

改めて思う。
義務感に支配される人生はごめんです。

こんな考えを元に、実は娘に【勉強をする目的】を話したことがあります。

娘『なんで勉強するの?』
私『大きくなったら何になりたい?それになるために、今脳みそのトレーニングしてるんだよ。』

娘は《はぁ?》みたいな顔してましたけど…。

コロナウイルスよ!早く収まってくれ!
そして早く学校を再開させ、
娘にいろいろな経験をさせてやってくれー!
じゃないと、娘の【世界】が広まらない!
テレビやyoutubeや本だけじゃダメなのだー!!

いろんな経験がないと、
自分のやりたいことなんて
見つからないですもんね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事